矢作川環境技術研究会は、矢作川流域及びその周辺において、環境保全に配慮した施工技術の普及及び、体系化を目的として活動しています。

濁水に挑む PartⅡ

daku2

矢作川沿岸水質保全対策協議会 事務局長 内藤連三・監修

矢作川環境技術研究会編集委員会・編

1999年9月発行

矢作川の水を守る30年の歩み
パートナーシップによる流域管理システム
矢作川方式を体験した現場技術者らが執筆・編集
矢作川方式の基本と濁水流出抑制マニュアル・実践事例を多数掲載
持続可能な未来に向けて、流域の開発と管理・施工に携わる現場技術者への手引書

タイトル 水に挑むPartⅡ 矢作川方式と環境保全
出版 内藤連三監修・矢作川環境技術研究会編集委員会編
発行 中日出版社
出版年 1999
ページ数/サイズ 345p/A5版 上製本 ISBN4-88519-149-1
頒価  2,800円 +税
在庫状況 あり
内容 口絵(カラー)監修のことば本書の構成第1章 矢作川で生まれた流域管理「矢作川方式」
水質浄化運動-30年の闘い-/矢作川方式のフレーム/流域圏の
持続可能な発展をめざして

第2章 座談会・矢作川方式の生い立ちと歴史

第3章 濁水流出抑制マニュアル
濁水対策の基本/濁水流出防止対策作業標準(図版)

第4章 濁水流出抑制工実施例
はじめに/工場用地、宅地用地等造成工事実施例/ゴルフ場建設
工事実施例/ダム工事実施例/トンネル工事実施例/その他工事
実施例及び研究開発/他流域への展開事例

第5章 環境モニタリングと公害防止連絡会議
はじめに/環境モニタリングの概要/環境モニタリングの効果/
公害防止連絡会議の概要と運用

巻末資料
矢作川水域等水質汚濁防止のための指導基準/矢作川環境技術
研究会会則とあゆみ/技術研究リスト/森林資源の有効利用

タイトル 濁水に挑む 矢作川方式の技術
出版 矢作川環境技術研究会編,中日出版
出版年 1994
ページ数/サイズ 234p/A5版
頒価
在庫状況 なし
内容 矢作川方式の概要/実践・濁水対策の基本、発生要因と影響の見積り方、
濁水流出の防止法(計画手法、実施手法、教育手法)・対策のフィードバック手法/
矢作川方式の発展と展望/矢作川方式をめぐる総合討論/
資料編

出版図書・資料一覧

TEL 052-339-0855(呼出) 事務局 平日 9:00~17:00

出版図書・資料一覧

PAGETOP
Copyright © 矢作川環境技術研究会 事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.