矢作川環境技術研究会は、矢作川流域及びその周辺において、環境保全に配慮した施工技術の普及及び、体系化を目的として活動しています。

矢作川方式における濁水対策の基本

1.土砂による濁水流出防止への主な取り組み

〔ハード面(工法、施設等)〕

・ 濁水を発生させない盛土方法

・ オンサイトで効率のよい濁水処理システム(現場内で有機的に構築する)

・ 自然地形利用型の濁水処理施設(水の流れ方に従い、利用する)

・ 濁水発生予測システムによる濁水防災管理

・ 台風期、融雪期など季節を考慮した施工計画と対策

・ 資源の再利用の促進

〔ソフト面(組織、運営等)〕

・ 作業者に対する濁水防災管理体制の整備

・ 作業者に対する防災意識の高揚

・ 地域住民とのコミュニケーションの推進

2.工事中の対策のポイント

1)土と水との接触範囲をいかに少なくするか

2)発生してしまった濁水をいかに少ないままにするか

3)発生してしまった濁水をいかに適切に処理するか

4)濁水防止に対する意識をいかに高めるか

3.具体的な対策のために

・ 工事工程スケジュールの検討

・ 作業範囲の限定とその手順の検討

・ シート張り養生

・ 裸地・盛土表面の転圧ほか

ya52 ya54 ya51

(※ この詳細及び対策マニュアルは以下をご参照ください。)

「濁水に挑むPartⅡ ー矢作川方式と環境保全ー」

「新版 建設工事における汚濁防止対策の手引き」(第二版 2016.6.1 発行)

TEL 052-339-0855(呼出) 事務局 平日 9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 矢作川環境技術研究会 事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.