矢作川環境技術研究会は、矢作川流域及びその周辺において、環境保全に配慮した施工技術の普及及び、体系化を目的として活動しています。
会員連絡用連絡板

未分類

平成30年度 第4回委員会・幹事会

期日  平成30年12月 5日(水曜日) 委員会14:00~15:00、幹事会15:15~16:45

場所  安城市内、明治用水会館2階 大会議室
出席  役員、顧問、助言者、事務局
内容  幹事会は、以下の項目を予定します。
1 あいさつ
2 議事
(1)平成30年度現地研修会の実施結果について
(2)第5回「矢作川方式」若手勉強会の基本計画策定
(3)2019年度総会・公開研究発表会の構想について
(4)技術交流・研究事業:参観等の報告と予定
(5)会員通信2019.1編集発行について
(6)会員の現場紹介原稿および研究発表の募集
(7)その他(会員状況)

平成30年度現地研修会を開催しました(終了)

期日 第1回 平成30年11月  6日(火)09:35開会~16:00閉会 第1回は終了しました。
第2回 〃    11月14日(水)〃     〃      第2回は終了しました。
集合場所 2箇所、豊田、安城) *「東岡崎」はありません。
*明治用水会館駐車場は台数制限があります。できる限り公共交通機関のご利用、同乗による集合を選択ください。a.明治用水会館 7:45受付開始、
定員 いずれも90名

詳しくは、右の案内書をご覧ください。・・・案内書、参加申込書(PDFファイル)

定員】 第1回:90名、第2回:90名 

第1回の参加登録確認書の発送は済みました。
第2回の参加登録確認書の発送は済みました。

当日の集合写真を以下に掲載しました。
現地研修会(第1回・第2回)の結果は、会員通信2019.1に掲載する予定です。

・集合写真・・・・・・・・・・・・・・・ 第1回(11/06)PDF
・集合写真・・・・・・・・・・・・・・・ 第2回(11/14)PDF

平成30年度総会・公開研究発表会を開催しました(終了)

各位
平成30年度 総会・公開研究発表会(下記)を開催します。

期日:平成30年6月7日(木曜日) 12:15 受付開始・開場(展示コーナー)13:00~17:00
場所:ホテル キャッスルプラザ 4F 鳳凰の間(JR名古屋駅・桜通り徒歩約5分)
主催:矢作川環境技術研究会
内容:平成30年度総会 4階鳳凰の間        13:00 開会
・・・・*会員出席による通常総会です。
1. 開会のことば
2. 会長あいさつ
3. 議長選出
4. 議事録記名人の選任
5. 議事 第1号議案 平成29年度事業報告承認について
5. 議事 第2号議案 平成29年度収支決算承認について
5. 議事 第3号議案 平成30年度事業計画について
5. 議事 第4号議案 平成30年度収支予算について
5. 議事 第5号議案 平成30年度役員選任について
6. 来賓あいさつ
7. 閉会のことば. 閉会のことば

・・・・*総会後一時休憩(模様替え)

公開研究発表会「水は生きている2018」   13:50 開会~17:00閉会
・・・・*会員・一般参加
・・・・テーマ 清流を守り生物多様性に配慮する施工と環境保全対策の実践 Part2

〔プログラム〕※時間は予定です。

13:50  開会・開会趣旨 会長

13:    矢作川沿岸の水質と課題 矢作川沿岸水質保全対策協議会 事務局長 天野 博 氏

14:05~ 講演Ⅰ 矢作川の河川環境、底生生物から見た問題点と将来への提案
・・・・・・・・・・・・・愛知工業大学 工学部 土木工学科     教授 内田臣一 氏

14:50~ 講演Ⅱ 建設業と生物多様性保全
・・・・・・・・・・・・・大成建設株式会社 環境本部 自然共生技術部   渡邊 篤 氏

15:20~ リラックスタイム、休憩

15:45~ 研究発表(会員の実践事例発表)

(1) 造成工事に伴う濁酒処理、水質管理           株式会社クサカ 榊原孝朋 氏

(2) 河川切替を伴う河川拡幅工事における仮設防災への取組事例
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・前田・太啓JV    一色保宏 氏

(3) 大規模造成における濁水抑制対策と環境に配慮した硬岩掘削
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・清水・名工・エイディーグリーンJV  宇山有士 氏

16:50~ 助言者講評(助言者代表) 国土交通省 中部地方整備局 豊橋河川事務所

16:57  総括 委員

17:00  閉会

活動展示:会場後方の壁側 12:15~17:00
・・・・・ ※ 展示にご協力頂ける会員・団体等は、本会事務局にお知らせください。

案内書:会員発送は、4月下旬です。一般発送は、5月上旬です。

会員宛総会・公開研究発表会案内 pdf
総会出欠票&発表会参加申込書 pdf

・・・・一般(会員外)の方は、案内チラシ裏面の参加申込書をご利用ください。
・・・・・・・・・・・・・・・(会員宛の案内書同封チラシは裏面白紙です。)

公開研究発表会開催案内チラシ pdf

お問い合わせ:矢環研 事務局(℡:052-339-0855 太陽機構内)にお願いします。
総会・公開研究発表会は、予定通り終了したしました。当日は多数参加いただきありがとうございました。

 

第4回 建設工事における「矢作川方式」若手勉強会 を開催しました(終了)

第4回建設工事における「矢作川方式」若手勉強会 受講者の募集

日時 平成30年1月31日(金)13:00開講~17:00閉講
会場 明治用水会館 2階会議室
定員 60名(会員枠50名、助言者枠10名)
参加費 会員枠 受講者  お一人¥2,000.-(配付資料代)
申込み期限 1月25日(木曜日)
申込み方法 下記の案内書等をご覧ください。1月中旬に会員等に発送します会員通信2018.1にも案内書を同封します。

案内書(PDF)

タイムスケジュール(PDF)

申込書(Word)

申込み順で登録します。期限前でも定員に達し次第、登録を打ち切ります。申込み後の氏名変更については改めてお申込みください。

申込先&お問合せ 矢環研事務局まで

終了しました。多数受講参加いただきありがとうございました。

 

第15回「身近な水環境全国一斉調査」矢作川水系等への参加募集(終了)

今年も「身近な水環境の全国一斉調査」が6月の世界環境デー(環境の日)に予定されています。本会も矢作川を中心に参加を予定しています。調査道具は、昨年と同じ簡単な測定キット類です。調査結果はマップで表現します。昨年(2017年)は、全国で758団体が参加し、6,124地点で実施されました。本会も会員のご協力で37地点で実施することができました。
内容と参加申込み方法は、以下の参加募集(PDF)をご覧ください。参加申込用紙に記載用件を記入いただき、本研究会事務局にお送りください。1月中旬に会員等に発送します会員通信2018.1にも案内書を同封します。

対象  会員及び一般(地域の団体やグループも可能です。)

期限   平成30年2月28日(水) *まとめて主催者に申し込みますのでご協力ください。

摘要  計画地点のほか、任意地点も申し込み可能です。ご希望の方は、事務局に申込みください。

参加ご希望の方(会員関係者、地域団体等)はお早めにお申し込みください。

※ 5月中頃、お申し込みの方(連絡先)に調査キット一式を発送します。

※実施日は、6月3日(日)もしくは近い日(参加者のご都合の良い日)です。

第15 回(2018)身近な水環境の全国一斉調査 参加募集(PDF)

参考 調査計画地点図(PDF)

参加申込用紙(Word)

募集並びに調査は終了しました。多数参加応募・ご協力いただき、ありがとうございました。

「平成29年度現場紹介」の原稿募集、「平成30年度研究発表」の募集

会員各位

「平成29年度現場紹介」の原稿、及び「平成30年度研究発表」の発表者を募集します。

現場紹介原稿・研究発表募集案内(PDF)

募集対象:会員の関係者(1社あたり2件以内です。) 、現場紹介の内容:原稿書式は、前年度と同じです。

現場紹介原稿の書式(Word)

研究発表申込み書式(Word)

現場紹介の内容は、昨年度と同じです。矢作川流域に限らず、各現場・事例での濁水対策、 環境に配慮した施工・取り組み、小さな実践、研究・工夫・苦労されたことです。 また当年度に限らず、過去・最近の現場・事例でも結構です。参考写真や図表があれば添付してください。ページが多い場合は編集調整させていただきます。 作成例は既存の「現場紹介冊子」や「年報・水は生きている」をご覧ください。 原稿は、事務局にEメール若しくは郵送でお送りください。
1月中旬に会員等に発送します会員通信2018.1にもこれらの募集案内書を同封します。

 

応募期限 平成30年3月5日(月曜日)

研究発表につきましては、3月の幹事会で、研究発表応募いただいた方々から口述発表者を選出します。

原稿・申込み先&御問合わせ  矢環研事務局

平成29年度現地研修会を開催しました(終了)

期日 第1回 平成29年11月  8日(水)10:00開会~16:00閉会
第2回 〃    11月16日(木)〃     〃
集合場所 3箇所(例年のとおり、豊田、岡崎、安城)
定員 いずれも90名

詳しくは、案内書をご覧ください。・・・案内書(PDFファイル) 申込書(Wordファイル)

*定員
第1回:90名(申込みが定員に達しました。)
第2回:90名(申込みを終了いたしました。)   

第1回の参加登録確認書は、既に発送を終えました。 

第2回の参加登録確認書は、既に発送を終えました。

当日の集合写真を以下に掲載しました。
現地研修会(第1回・第2回)の結果は、会員通信2018.1に掲載する予定です。

・集合写真・・・・・・・・・・・・・・・ 第1回(11/08)PDF
・集合写真・・・・・・・・・・・・・・・ 第2回(11/16)PDF

平成29年度総会・公開研究発表会を開催しました

各位
平成29年度 総会・公開研究発表会(下記)を開催しました。
多数参加いただきありがとうございました。

期日:平成29年6月7日(水曜日) 12:15 受付開始・開場(展示コーナー)13:00~17:00
場所:ホテル キャッスルプラザ 4F 鳳凰の間(JR名古屋駅・桜通り徒歩約5分)
主催:矢作川環境技術研究会
内容:平成29年度総会 4階鳳凰の間        13:00 開会
*会員出席による通常総会です。
*総会後一時休憩(模様替え)
公開研究発表会「水は生きている2017」   13:50 開会~17:00閉会
*会員・一般参加
テーマ 清流を守り生物多様性に配慮する施工と環境保全対策の実践

〔プログラム〕※時間は予定です。

13:50  開会趣旨 会長

13:    矢作川沿岸の水質と課題 矢作川沿岸水質保全対策協議会 事務局長 天野 博 氏

14:05~ 講演Ⅰ 生き物の生息・生育環境に配慮しながら洪水被害を減らす川づくりに向けて
・・・・・・・・・・・・・・・・・~矢作川中流の調査研究を中心に~
・・・・・・・・・・・・・大同大学 工学部 建築学科 土木・環境専攻 准教授 鷲見哲也 氏

14:50~ 講演Ⅱ ウナギ資源保全技術最前線2017
・・・・・・・・・・・・・・・・・~伝統的蛇カゴ工法を応用したウナギ~
・・・・・・・・・・・・・鹿島建設株式会社 環境本部 環境ソリューショングループ   柵瀬信夫 氏

15:20~ リラックスタイム、休憩

15:45~ 研究発表(会員の実践事例発表)
(1)   河川内での小型工事における濁水対策について 矢作建設工業株式会社 野崎裕史 氏

(2)   安永川トンネル工事の環境保全対策について      鹿島建設株式会社   越川俊幸 氏

(3)   大規模造成における仮設防災・汚濁防止対策への取組事例について
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・清水建設株式会社   佐野幸三 氏

16:45~ 助言者講評(助言者代表)     国土交通省豊橋河川事務所、愛知県知立建設事務所

17:00  閉会総括 委員

活動展示:会場後方の壁側 12:15~17:00
・・・・・ ※ 展示にご協力頂ける会員・団体等は、本会事務局にお知らせください。

案内書:会員発送は、4月下旬です。一般発送は、5月上旬です。

会員宛総会・公開研究発表会案内 pdf
総会出欠票&発表会参加申込書   pdf

・・・・一般(会員外)の方は、案内チラシ裏面の参加申込書をご利用ください。
・・・・・・・・・・・・・・・(会員宛の案内書同封チラシは裏面白紙です。)

公開研究発表会開催案内チラシ   pdf

お問い合わせ:矢環研事務局にお願いします。

終了しました。

PAGETOP
Copyright © 矢作川環境技術研究会 事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.