矢作川環境技術研究会は、矢作川流域及びその周辺において、環境保全に配慮した施工技術の普及及び、体系化を目的として活動しています。

矢作川環境技術研究会の活動年譜(2013年~2014年)

年 月 事   項 摘要
平成25年6月2日 ・「第10回身近な水環境の全国一斉調査」(主催 全国水環境マップ実行委員会)に参加し、世界環境デー(環境の日)に合わせ、矢作川水系河川43箇所で調査を行う。(参加応募会員23社、計48人によって実施) 連携活動
6月5日 ・「水は生きている2013 矢作川環境技術研究会研究年報」を発行する。
・総会、公開研究「水は生きている2013 -水を守り未来を考えた自然共生の取り組み-」を開催(名古屋市内、ホテルキャッスルプラザ)。活動発表(刈谷市立小垣江小学校4年生の皆さん)、活動発表(一色排水路をきれいにする会)、基調講演(全国水環境マップ実行委員会事務局長 佐山公一氏)、ピアノ演奏(マリコ・ミドルトンさん)、研究発表(5題)を行う。(参加総数427人)
10月2日 ・「第11回矢作川の現状把握活動」(平成25年度矢作川上流部(北部源流・山間地域))を行う。役員等参加。恵那市上矢作町を訪問。現地では、東海豪雨から13年経た当被災地の復興状況を観察したうえで、標高1,100mの稜線付近の原生林(アライダシ自然観察教育林)の自然・水環境を観察して回り、奥山地域の保全のあり方と地域づくりについて地元と意見交換を行った。(参加総数21人)
11月12日 ・「第23回現地研修会(平成25年度第1回)」を開催し、第二東名高速道路額田インターチェンジ工事現場(岡崎市内、仮設防災・汚濁防止対策、黄鉄鉱対策、演習(黄鉄鉱含有土の簡易判別試験))、内陸用地造成事業 豊田・岡崎地区 東工区 整地工事その1現場(豊田市地内、初期の仮設防災・濁水防止対策、自然環境保全対策および生活環境保全対策)、おぎ乃(昼食)、にて実施した。(参加総数86人)
11月20日 ・「第23回現地研修会(平成25年度第2回)」を開催し、第二東名高速道路額田インターチェンジ工事現場(岡崎市内、仮設防災・汚濁防止対策、黄鉄鉱対策、演習(黄鉄鉱含有土の簡易判別試験))、内陸用地造成事業 豊田・岡崎地区 東工区 整地工事その1現場(豊田市地内、初期の仮設防災・濁水防止対策、自然環境保全対策および生活環境保全対策)、おぎ乃(昼食)、にて実施した。(参加総数85人)
平成26年6月5日 ・「水は生きている2014 矢作川環境技術研究会研究年報」を発行する。
・総会、公開研究「水は生きている2014 -現場と現場・現場と地域が連携して守る流域の水環境-」を開催(名古屋市内、ホテルキャッスルプラザ)。活動発表(岡崎市上下水道局水道浄水課 秋元義也課長、岡崎市環境部環境保全課 山之内 学 主任主査、平成25年度ホタルマスターファミリー講座修了家族 皆瀬様親子・三浦様親子、自然・環境学習実践隊 光田佳代氏、基調講演(中日本高速道路株式会社名古屋支社豊田工事事務所 香川直輝岡崎額田工事長)、演奏 木管アンサンブル(名古屋大学交響楽団)、研究発表(3題)を行う。(参加総数375人)
6月8日 ・「第11回身近な水環境の全国一斉調査」(主催 全国水環境マップ実行委員会)に参加し、世界環境デー(環境の日)に合わせ、矢作川水系河川52箇所で調査を行う。(5月31日~6月20日の間、参加応募会員18社、計36人によって実施) 連携活動
10月3日 ・「第12回矢作川の現状把握活動」(平成26年度矢作川河口部・三河湾(沿岸海域))を行う。役員等参加。愛知県水産試験場(蒲郡市内)、矢作川浄化センター(西尾市内)を訪問。試験場では、三河湾における環境修復と現状の課題について講話を聞き、施設見学、意見交換を行った。浄化センターでは、矢作川流域下水道事業の概要と特色・進捗状況、施設見学、意見交換を行った。また、移動中、吉良海岸、矢作川最下流(左岸ヨシ帯~河口)を眺望観察した。(参加総数24人)
11月7日 ・「第23回現地研修会(平成26年度第1回)」を開催し、「防災・濁水対策の段階的実施、地域および自然との共生」をテーマに、内陸用地造成事業 豊田・岡崎地区 中工区 整地工事現場(豊田市地内、一次・二次仮設防災・汚濁防止対策、自然環境保全対策および生活環境保全対策)、都市基盤河川改修事業 安永川トンネル工事・開水路工事現場(仮設防災・汚濁防止対策、生活環境および自然環境保全への配慮、地域とのコミュニケーション)、神戸屋五ケ丘店(昼食)、にて実施した。(参加総数87人)
11月12日 ・「第23回現地研修会(平成26年度第1回)」を開催し、「防災・濁水対策の段階的実施、地域および自然との共生」をテーマに、内陸用地造成事業 豊田・岡崎地区 中工区 整地工事現場(豊田市地内、一次・二次仮設防災・汚濁防止対策、自然環境保全対策および生活環境保全対策)、都市基盤河川改修事業 安永川トンネル工事・開水路工事現場(仮設防災・汚濁防止対策、生活環境および自然環境保全への配慮、地域とのコミュニケーション)、神戸屋五ケ丘店(昼食)、にて実施した。(参加総数88人)

(平成26年12月31日まで。役職・所属は当時のもの。)

TEL 052-339-0855(呼出) 事務局 平日 9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 矢作川環境技術研究会 事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.