矢作川環境技術研究会は、矢作川流域及びその周辺において、環境保全に配慮した施工技術の普及及び、体系化を目的として活動しています。

主な事業活動

本研究会は、設立当初から実践する姿勢を大切に考えて、会議体(総会、委員会、幹事会)を根幹に、啓発・普及事業、研究事業及び出版事業など、次のとおり事業活動を推進しています。

1 啓発・普及事業

(1)公開研究発表会

ya21

年度毎に、現場技術者による濁水防止などの環境対策の事例・研究活動を発表しています。これに加えて矢作川方式や環境保全に関連する基調講演、地域の環境保全活動に取り組む小中学校生徒らの発表、報告会、懇談会及び活動展示(紹介)等を企画して開催しています。

(2)現地研修会

ya22

年度毎に、矢作川方式による工事現場や技術研究の現場の見学・研修、現地講演及び交流体験など各種テーマを選定し、会員及び関係者参加による事例研究(体験勉強会)、環境技術に関する情報・意見交換を実施しています。

(3)技術交流会

随時、技術交流事業(連携・交流事業)を計画して実施しています。また、関連する催事・イベントに参加しています。

2 研究事業

(1)矢作川の現状把握活動

流域圏の視野を養い、日ごろの実践活動の目標・指針の検討、活動課題調査、行政・学校・民間団体・住民との意見交換を実施しています。

(2)会員アンケート調査

最新の環境意識、課題、ニーズを収集・分析し、事業計画に反映しています。

(3)会員の活動現場紹介

会員から活動現場を紹介する原稿を募集し、会員の日ごろの活動状況を把握するとともに、編集・公表しています。

(4)環境技術・活動に関する情報の収集・整理・検討

会員の事例発表・活動記録及び収集資料の整理、内容の検討に努めています。また、随時、特別委員会(編集委員会など)を設置しています。

3.出版事業など

(1)研究年報、啓発・普及図書、手引き書及び参考冊子等の作成・発行

年度毎に活動記録を、研究年報「水は生きている」にとりまとめ、印刷して会員、公共機関及び一般希望者に配布しています。また、環境保全技術の研究成果を、書籍や現場向け手引き書にして出版しています。

(2)情報発信

本研究会の基本的事項、お知らせ、関連情報をホームページに掲載しています。また、出版物、新聞などでも発行図書などの紹介に努めています。

(3)その他

随時、記念事業、研究事業、支援事業(連携事業)を計画して実施しています。

TEL 052-339-0855(呼出) 事務局 平日 9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 矢作川環境技術研究会 事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.