第9回 建設工事における汚濁防止対策「矢作川方式」若手勉強会(ご案内)

日  時 令和6年2月15日(木)12:15(受付開始)、13:00(開講)~17:00(閉講)
場  所 明治用水会館  2階  大会議室
内  容 プログラムの概要は以下のとおりです。
・・・,開講  挨拶・趣旨、講師紹介、オリエンテーション 
・・・,第一部  「矢作川方式」の概要
・・・・・・・①「矢作川方式」の歩み/理念と仕組み/工事施工現場における水質保全対策
・・・・・・・② 事前協議手続き解説
・・・・・・・③ 汚濁防止対策の基本、濁水流出防止対策作業標準及び配慮事項の解説
・・・第二部 「矢作川方式」の事例
・・・・・・・① 河川浚渫工事における濁水流出防止について
・・・・・・・② 黄鉄鉱による水質への影響とその対策
・・・・・・・③ 河川仮締切を伴う工事の環境負荷低減について
・・・第三部 環境に配慮した工計画・管理の推進に向けて
・・・・・・・① 第一部・第二部の補足
       ②
質疑応答
       ③ 受講者アンケート調査
・・・閉講  講評、謝辞

定  員  「対面形式」会員枠52名(他に助言者枠8名、計60名)
参加費     ¥2,000円/人(資料代として)
申込方法 詳細は、会員宛の案内書・申込み用紙をご覧ご利用ください。(1月発送予定)

 案内書PDF申込書Word

申込期限 令和6年2月1日(木曜日) 厳守
・・・・・お申込みは、定員まで申込み先着順とし、受講登録後に確認書を返信します。
・・・・・申込み期限日前で定員に達した場合は、登録を打ち切ります。
その他 CPDS学習プログラムを申請し、ご希望の方に証明書を発行する予定です。

お問合せ先 矢作川環境技術研究会 事務局
TEL:052-339-0855、Fax:052-324-8182