矢作川環境技術研究会は、矢作川流域及びその周辺において、環境保全に配慮した施工技術の普及及び、体系化を目的として活動しています。
会員連絡用連絡板

未分類

平成29年度現地研修会を開催しました(終了)

期日 第1回 平成29年11月  8日(水)10:00開会~16:00閉会
第2回 〃    11月16日(木)〃     〃
集合場所 3箇所(例年のとおり、豊田、岡崎、安城)
定員 いずれも90名

詳しくは、案内書をご覧ください。・・・案内書(PDFファイル) 申込書(Wordファイル)

*定員
第1回:90名(申込みが定員に達しました。)
第2回:90名(申込みを終了いたしました。)   

第1回の参加登録確認書は、既に発送を終えました。 

第2回の参加登録確認書は、既に発送を終えました。

当日の集合写真を以下に掲載しました。
現地研修会(第1回・第2回)の結果は、会員通信2018.1に掲載する予定です。

・集合写真・・・・・・・・・・・・・・・ 第1回(11/08)PDF
・集合写真・・・・・・・・・・・・・・・ 第2回(11/16)PDF

平成29年度総会・公開研究発表会を開催しました

各位
平成29年度 総会・公開研究発表会(下記)を開催しました。
多数参加いただきありがとうございました。

期日:平成29年6月7日(水曜日) 12:15 受付開始・開場(展示コーナー)13:00~17:00
場所:ホテル キャッスルプラザ 4F 鳳凰の間(JR名古屋駅・桜通り徒歩約5分)
主催:矢作川環境技術研究会
内容:平成29年度総会 4階鳳凰の間        13:00 開会
*会員出席による通常総会です。
*総会後一時休憩(模様替え)
公開研究発表会「水は生きている2017」   13:50 開会~17:00閉会
*会員・一般参加
テーマ 清流を守り生物多様性に配慮する施工と環境保全対策の実践

〔プログラム〕※時間は予定です。

13:50  開会趣旨 会長

13:    矢作川沿岸の水質と課題 矢作川沿岸水質保全対策協議会 事務局長 天野 博 氏

14:05~ 講演Ⅰ 生き物の生息・生育環境に配慮しながら洪水被害を減らす川づくりに向けて
・・・・・・・・・・・・・・・・・~矢作川中流の調査研究を中心に~
・・・・・・・・・・・・・大同大学 工学部 建築学科 土木・環境専攻 准教授 鷲見哲也 氏

14:50~ 講演Ⅱ ウナギ資源保全技術最前線2017
・・・・・・・・・・・・・・・・・~伝統的蛇カゴ工法を応用したウナギ~
・・・・・・・・・・・・・鹿島建設株式会社 環境本部 環境ソリューショングループ   柵瀬信夫 氏

15:20~ リラックスタイム、休憩

15:45~ 研究発表(会員の実践事例発表)
(1)   河川内での小型工事における濁水対策について 矢作建設工業株式会社 野崎裕史 氏

(2)   安永川トンネル工事の環境保全対策について      鹿島建設株式会社   越川俊幸 氏

(3)   大規模造成における仮設防災・汚濁防止対策への取組事例について
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・清水建設株式会社   佐野幸三 氏

16:45~ 助言者講評(助言者代表)     国土交通省豊橋河川事務所、愛知県知立建設事務所

17:00  閉会総括 委員

活動展示:会場後方の壁側 12:15~17:00
・・・・・ ※ 展示にご協力頂ける会員・団体等は、本会事務局にお知らせください。

案内書:会員発送は、4月下旬です。一般発送は、5月上旬です。

会員宛総会・公開研究発表会案内 pdf
総会出欠票&発表会参加申込書   pdf

・・・・一般(会員外)の方は、案内チラシ裏面の参加申込書をご利用ください。
・・・・・・・・・・・・・・・(会員宛の案内書同封チラシは裏面白紙です。)

公開研究発表会開催案内チラシ   pdf

お問い合わせ:矢環研事務局にお願いします。

終了しました。

« 1 2 3
PAGETOP
Copyright © 矢作川環境技術研究会 事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.