矢作川環境技術研究会は、矢作川流域及びその周辺において、環境保全に配慮した施工技術の普及及び、体系化を目的として活動しています。
会員連絡用連絡板

年別アーカイブ: 2022年

令和4年度総会・公開研究発表会 水は生きている2022 の開催について(ご案内)第3報  〈終了しました〉

会員各位

矢作川環境技術研究会

「令和4年度総会(通常総会)」・「公開研究発表会 水は生きている2022」は、予定どおり開催し、日程を全て終了しました。(6月10日 お知らせ)
会場は「新型コロナウイルス感染症」の予防対策を講じました。出席・参加各位のご協力に感謝申し上げます

期日 令和4年6月9日(木曜日)12:15 受付開始~17:00(終了)
   令和4年度総会 13:00(開会)~13:40(閉会)
   *この時間は会員出席による通常総会です。
   公開研究発表会 13:50(開会)~17:00(閉会)
   活動展示 12:15(開始)~16:00(終了)受付ロビー窓側
場所 ウィルあいち(愛知県女性総合センター)4階 ウィルホール
   (地下鉄「市役所」駅・2番出口より東へ徒歩約10分、ほか)
内容 詳細は、第2報をご覧ください。
 出席・参加をご希望で、申込み期限に間に合わなかった方は、また余裕がありますのでお申し込みください。「おしらせ」の 第2報 に掲載の案内チラシ裏面に申込み書式がありますのでご利用ください。
 なお、当日も会場で申込み受け付けできますが、コロナ対策のためできるだけ事前登録しておいてください。
 以上、よろしくお願いいたします。

全日程を終了しました。多数参加いただき誠にありがとうございました。
参加者アンケート調査票を受け付けています。まだお済みでない方はご回答を事務局にE-mailやFAXでお送りください。(6月末迄)

令和4年度総会・公開研究発表会 水は生きている2022 の開催について(ご案内)第2報

会員各位
当会は「令和4年度総会(通常総会)」並びに「公開研究発表会 水は生きている2022」を下記のとおり開催します。会場は「新型コロナウイルス感染症」の予防対策を講じます。なお、6月1日の時点で、「新型コロナウイルス」感染状況により開催を中止させていただく場合があります(中止のお知らせは当会ホームページに掲載します)。

期日 令和4年6月9日(木曜日)12:15 受付開始~17:00(終了)
・・・令和4年度総会 13:00(開会)~13:40(閉会)
・・・公開研究発表会 13:50(開会)~17:00(閉会)
・・・・・・活動展示 12:15(開始)~16:00(終了)受付ロビー窓側
場所 ウィルあいち(愛知県女性総合センター)4階 ウィルホール
・・・・・・(地下鉄「市役所」駅・2番出口より東へ徒歩約10分、ほか)
主催 矢作川環境技術研究会(矢環研)

案内 令和4年度総会・公開研究発表会のご案内pdf
           令和4年度公開研究発表会ご案内チラシ(会員用)pdf
・・・・・全国土木施工管理技士連合会CPDSプログラム認定(3unit)
          「活動展示」募集案内書pdf

参加費  総会・公開研究発表会 お一人¥5,000円
・・・・・(公開研究発表会予定稿・令和3年度現場紹介、研究年報・水は生きている2022 含む)
・・・・・*参加費は当日受付で徴収します。

申込方法 会員各位に郵送の案内書に同封の返信はがきに、総会の出欠(欠席の場合は必ず委任状を作成)、公開研究発表会参加申込み(CPDS受講証明書を必要とされる方は、氏名の右欄に加入者番号)を記入して、申込締切日までに事務局に着くようポストに投函ください。
申込締切 令和4年5月31日(火曜日)

開催に伴う「新型コロナウイルス感染症」の予防対策は、案内書をご確認ください。当日はマスクの着用をお願いします。

令和4年度総会・公開研究発表会 水は生きている2022 の開催について(ご案内)

会員各位
・当会は「令和4年度総会(通常総会)」並びに「公開研究発表会 水は生きている2022」を下記のとおり開催します。会場は「新型コロナウイルス感染症」の予防対策を講じます。なお、6月1日の時点で、「新型コロナウイルス」感染状況により開催を中止させていただく場合があります(中止のお知らせは当会ホームページに掲載します)。

期日 令和4年6月9日(木曜日)12:15 受付開始~17:00(終了)
・・・令和4年度総会 13:00(開会)~13:40(閉会)
・・・公開研究発表会 13:50(開会)~17:00(閉会)
・・・・・・活動展示 12:15(開始)~16:00(終了)受付ロビー窓側
場所 ウィルあいち(愛知県女性総合センター)4階 ウィルホール
・・・・・・(地下鉄「市役所」駅・2番出口より東へ徒歩約10分、ほか)
主催 矢作川環境技術研究会(矢環研)

内容 令和4年度総会 *会員出席による通常総会です。
・・・・・・1.開会のことば
・・・・・・2.会長あいさつ
・・・・・・3.議長選出
・・・・・・4.議事録記名人の選任
・・・・・・5.議事 第1号議案 令和3年度事業報告承認について
・・・・・・・・・・第2号議案 令和3年度収支決算承認について
・・・・・・・・・・第3号議案 令和4年度事業計画について
・・・・・・・・・・第4号議案 令和4年度収支予算について
・・・・・・・・・・第5号議案 令和4年度役員選任について
・・・・・・6.来賓あいさつ
・・・・・・7.閉会のことば
・・・・・・     *総会後一時休憩(模様替え)
・・・公開研究発表会「水は生きている2022」
・・・~未来へとつながる豊かな矢作川をめざして~
・・・・・ プログラム*時間は予定です。
・・・13:50~ 開会趣旨
・・・・・・・・・・ 矢作川環境技術研究会 会長(鹿島建設株式会社)越川 俊幸 氏
・・・・・・・・矢作川沿岸の水質保全状況について
・・・・・・・・・・ 矢作川沿岸水質保全対策協議会         事務局長 本田 巧 氏
・・・14:00~ 研究発表の部(会員の実践事例発表)
・・・・・・・(1)矢作川浚渫工事における防災対策
・・・・・・・・・・ 太啓建設株式会社                            土木部 岡田 正則 氏
・・・・・・・(2)明治用水頭首工耐震化対策建設工事における環境保全対策
・・・・・・・・・・ 株式会社奥村組名古屋支店       土木部 工藤 竜太 氏
・・・・・・・(3)大規模造成工事における排出濁水の低減対策について
・・・・・・・・・・~西尾次世代産業地区整地工事~

・・・・・・・・・・ 三井住友・日本国土・長坂特定建設工事共同企業体
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  (三井住友建設株式会社)池内 寛叙 氏
・・・15:00~ リラックスtime ヴァイオリンデュオ演奏              波馬姉妹
・・・・・・・・・・・・〈休憩〉
・・・15:20~ 講演の部
・・・・・・・・Ⅰ  「石倉カゴ」ウナギの棲み処づくりの行方は?
・・・・・・・・・・~伝統的蛇カゴ工法を応用したウナギ保護再生技術~
・・・・・・・・・・ 鹿島建設株式会社 環境本部
・・・・・・・・・・・・・・環境ソリューショングループ(農学博士)柵瀬 信夫 氏
・・・・・・・・Ⅱ  頻発する激甚な豪雨災害の克服に向けて
・・・・・・・・・・ 一般財団法人河川情報センター
・・・・・・・・・・・・・・河川情報研究所長(名古屋大学名誉教授)辻本 哲郎 氏
・・・16:40~ 助言者講評
・・・・・・・・・・国土交通省中部地方整備局 豊橋河川事務所 所長  國村 一郎 氏
・・・16:45~ 閉会のことば
・・・・・・・・・・矢作川環境技術研究会 委員(株式会社大林組)     小坂 準一 氏
・・・17:00  閉会
・・・活動展示 受付ロビーの窓側 12:15~16:00
・・・・・・・・・*展示にご協力頂ける会員・団体等は当会事務局にお知らせください。

会員への案内書発送は5月1日の予定です。

第7回 建設工事における汚濁防止対策 「矢作川方式」若手勉強会について(対面形式を中止します)

若手勉強会の受講申込み者全員へのご連絡
第7回 建設工事における汚濁防止対策「矢作川方式」若手勉強会の【対面形式】による開催を中止します

 今回は、会員各位より計60名の申込みを頂きましたことを先ずもってお礼申し上げます。
さて、ご案内のとおり、速やかに顧問立会いのもと厳正なる抽選を行う予定でしたが、「新型コロナウイルス感染症」は第6波の感染急拡大となり、国は愛知県に1月21日(金)からまん延防止等重点措置を適用しました。これを受けて愛知県では、1月21日(金)から2月13日(日)までの24日間、「愛知県まん延防止等重点措置」を実施することが決定されました。感染拡大の抑制に向けて今後も予断を許さない状態です。
よって、今回(2月10日)の若手勉強会【対面形式】による開催は、感染拡大防止に慎重に配慮して、“中止”とさせていただくことになりました。どうぞご了承ください。ご多忙の中、今回の勉強会に申込み頂きました皆様には大変申し訳ありませんが、ひっ迫する情勢に何卒ご理解を賜りたいと思います。また、この代替として試験的に【リモート形式】による若手勉強会を、日を改めて開催する予定です。
この日時・内容は、近日中に決まり次第お知らせします。なお、【リモート形式】による若手勉強会には定員がありませんが、CPDS受講証明書の発行はありません。
受講申込み者各位には、上記内容を受講申込書に記載の連絡先に送信します。

 令和4年1月21日

矢作川環境技術研究会

第7回 建設工事における汚濁防止対策 「矢作川方式」若手勉強会について(予告)

1.日時 令和4年2月10日(木)12:50(受付開始)、13:15(開講)~17:00(閉講)
2.場所 明治用水会館 2階 大会議室
3.内容 基本編(環境に配慮した施工計画/事前協議手続き/
ああああ汚濁防止対策の基本、濁水流出防止対策作業標準、
ああああ事例編(工事進捗に対応した濁水処理機能の計画と実施について/
ああああ大規模造成工事における濁度の低減対策について/
ああああ黄鉄鉱による水質への影響とその対策)
ああああまとめ(質疑応答、意見交換、アンケート調査)
4.定員 30名(会員枠25名、助言者枠5名)。今回は抽選で受講者を登録します。
5.参加費 会員:¥2,000円/人(配付資料代として)
6.申込み 1月に案内書・申込み用紙を会員に郵送します。
ああああああああ案内書・申込書(PDF)  申込書(書式)(Word)
ああ※タイムスケジュールなど準備中です。詳細は事務局にお問合せください。

あああああ申込み期限 1月20日(木曜日)17:00
あああああ締切り後すみやかに明治用水会館で顧問立合のもと申込者全員を対象に抽選を行います
あああああ抽選後すみやかに抽選結果を申込者全員にお知らせし、定員枠内の選出者に登録確認書
あああああを送付します。
あああああ登録者が都合で辞退された場合は、選出順で漏れた方を登録します。
7.その他 CPDS学習プログラムを申請します。
あああああ今後「新型コロナウイルス感染症」の再拡大により、一部若しくは全部を中止する場合
あああああがあります。予めご了承ください。

「令和3(2021)年度現場紹介」原稿の募集、「令和4(2022)年度研究発表」発表者の募集

会員各位

「令和3(2021)年度現場紹介」の原稿を募集します。また、「令和4(2022)年度研究発表会」の研究発表者を募集します。

研究発表、現場紹介原稿の募集(依頼)(pdf)

・募集対象:会員の関係者(1社あたり2件以内でお願いします。)
・現場紹介の内容:原稿書式は、以下をご利用ください。前年度などの書式を利用される場合は年度等を修正してください。

令和3(2021)年度現場紹介原稿書式(word)
令和4(2022)年度研究発表応募書式(word)

現場紹介の内容は、①環境に配慮した施工(又は計画)、②環境保全対策、③環境管理、④環境修復・再生活動、⑤環境配慮の取り組み、
⑥環境教育、⑦上下流交流・木づかい、⑧地域とのコミュニケーション等で、矢作川流域に限定しません。過去や継続中も結構です。
写真や図表があれば添付してください。
ページが多い場合は編集調整させていただきます 。作成例は、既存の「現場紹介冊子」や「年報・水は生きている」をご覧ください。
原稿は事務局にEメール若しくは郵送でお送りください。

・応募期限 令和4年3月1日(火曜日)
現場紹介原稿の募集は4月30日(土曜日)まで期限延長します。

研究発表につきましては、3月の幹事会で、応募いただいた方々から「令和4(2022)年度研究発表会」の口述発表者を選出します。
口述発表者の選出は終了しました。

お問合わせ  矢環研事務局(℡:052-339-0855 呼出)

PAGETOP
Copyright © 矢作川環境技術研究会 事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.